無視せざるを得ぬ町…っ!ネタバレ 第二章 委員長~ご開帳せざるを得ぬ股間~その2

投稿日:

「はいっ!委員長をご指名だ」

次に柿本先生が好んでいる女子生徒を指名したのは委員長の雪野。

エロい事にはほど遠い優等生タイプの女子だ。

委員長が履いているブルマの脇から電マを入れ込み電源を入れる。

主人公を無視して追放するという行為に疑問を抱いていた委員長。

しかし、委員長が尊敬している町長が決定した事なので間違いないと信じている。

責任感の強い委員長は、この町を守り続けると心の中で強く思った。

さらに主人公の存在を無きものとする為、この町から追放させてやると決意する。

「答えは4bxです…!」

主人公と先生の思惑通りにはいかず答えを言い当てる委員長は3回目の指名を受ける。

電マをあてられても全くイク様子がなく問題を余裕で答える委員長。

「委員長って不感症?」

そして、ここでチャイムが鳴ったので授業は終わり電マも下ろされる。

体育の授業が始まり遅れてやって来た主人公。

不感症の原因を考えた主人公はブルマの厚みのせいだと結論づける。

委員長の後ろからいきなりブルマとパンツを一緒に下げてきた。

「マ○コになんか貼ってる〜」

何重にも貼り、電マをあてられても感じにくくさせていたのだ。

委員長のマ○コ防御対策がバレてしまった。

これ以上、防御ができないように全裸にされてしまう。

みんなの視線を感じても恥ずかしがって反応しないように心がける。

主人公が喜んで居座ってしまわないようにするために。

しかし、委員長の中で感覚が変わっていく。

女子のデカいおっぱいやエロい裸を始めて見る男子達。

ー男子も女子も…全員が私の裸に注目している…ー

デカいおっぱいやアソコの割れ目をみんなに見られてると思ったら呼吸が苦しくなってきた。

次の柔軟体操は足を開かなければならない。

ー絶対に見られたくない…そこだけは…ー

そんな中、足を閉じていた委員長の背後に主人公がやって来て両膝を掴んできた。

マ○コをみんなに見せるためにだ。

ご開帳せざるを得ぬ股間…

「ご開帳〜〜〜」

初めて見るマ○コに興奮する男子達。

男子達の舐め回すような視線が刺激になった委員長のマ○コはとろとろになる。

デカいク○を見た主人公によって委員長がオ○ニーしていることが発覚。

ク○攻めにあう委員長は感じまくってみんなの前でイキまくった。

 

無視せざるを得ぬ町…っ!1

授業中にも関わらずイキすぎて失神してしまった委員長のマ○コに向かってギンギンになったチ○ポを…

 

 

-無視せざるを得ぬ町…っ!

Copyright© 無視せざるを得ぬ町…っ!エロ漫画ネタバレと無料画像を紹介! , 2019 All Rights Reserved.